らくがきダラケのクロッキー帳

ワタリユウの落書き帳を公開致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新・必殺技完成。

こんばんわ、なんだか最近お疲れ気味の私です。

眼精疲労というのでしょうか?妙に首が凝って仕方がありません。
たまらず居間の床に腹ばいにつっぷして「ふぅ~…。」とマイっておりますと
娘さんがやって来てやさしいお言葉を掛けてくださいます。
『ぱぱ~、はいご本どうぞ。ゆっくりしてもいいんだよ。』
うう~…なんてやさしい子でしょう。「ありがとうね!パパ目が痛いんだけど頑張って読むね。」
「ふむふむ」そのままナゼか読書タイム。そもそもの腹ばいの理由を忘れてすっかり本に見入った頃
またまた娘さんが来てやさしいお言葉。
『背中を押してあげるね。パパおしおと(お仕事)大変だから』

ああ~、ありがとう娘さん。父にはもったいない程のお言葉…と感動していると
サッサと背中にまたがる娘さん。
『ここをこうしてぇ~』なにやらブツブツつぶやきながらアンマをかけてくれる娘さん。
なんて私は幸せ者なのでしょう。と、うっとりしかけたその瞬間…
『今だ!!ふらんす…ドライバー!!』

furansudoraiba.jpg

こうして娘さんの新・必殺技「ふらんす(フラッシュ?)どらいばー」が完成しました。
『痛い?』「イタイイタイ!」
『…そう。ではやめますか?』
「はい!ヤメテ!おりなさい!!」

ゆっくりと技を解き父の背中をおりた娘さんは一言。
『また疲れたらやってあげるね』
…遠慮しときます!
スポンサーサイト
  1. 2008/02/28(木) 21:06:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子供のすること。

幼い頃、誰もが一度はやった事のある「やってはいけないこと」
コップを口に押し付けチュウチュウと中の空気を抜いて手を離す。
あるいはそれを口から勢いよく外して「ポン」と鳴らす。

先日、この遊びを発見してしまった娘さん『へへ~みてぇ~』と得意げに私に見せてきます。
普通であればこのときの注意の言葉は「お口が痛くなるよ!」とか「コップ落としたらどうするの!」
辺りかと思われますが、私の口から出た言葉は「内出血して泥棒みたくなるぞ!」
そばにいた嫁さま「?…跡が付くよとかじゃなくて?」
「いや!…そんな生易しいもんじゃない!コップ遊びは絶対だめ!
内出血!ビキッ!ってなるの。大変な事になるぞ!」
私の鬼気迫る様子に『はぁ~い。わかったぁ~』
しぶしぶとコップ遊びを止めた娘さん。

そう…それでいい。父の愚行を再び繰り返さない為に…。
ご参考までに私のやった「やってはいけないこと」を下記に。

小3の時…上記のコップ遊びをやりまくり口に張り付く時間を伸ばすため吸引し続け
口周辺の毛細血管をやってしまい。一週間くらい取れない痣になる。(泥棒のあだ名を襲名)

小4の時…空き地に落ちていた銀色のシートにふわふわした黄色い繊維が付いた謎の物体を
発見。「宇宙毛布」だ!とはしゃぎ体に巻きつけて遊ぶ…それが加熱処理前のガラス繊維だという事もしらずに。チクチクとした痛みを体中に感じ七転八倒。その後病院へ…。

そしてやっぱり小4の頃です…。
chikuwa.jpg


当然、口の中は大やけど。ああ…我ながらなんて愚かな子供でしょう。
この他にも子供時代の失態は星の数。だから、だからこそです!

娘にはなんとしてもこんな目にあって欲しくないのです(泣)
  1. 2008/02/06(水) 03:14:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。